「タウ氏とこいびとニュートリノ」 — 26〜30

タウ氏とこいびとニュートリノ

ページ1-5   ページ6-10   ページ11-15   ページ16-20   ページ21-25   ページ26-30   ページ31-35   ページ36-40   ページ41-45   ページ46-50

ニュートリノには3つのタイプがあって、それぞれ電子型ニュートリノ、ミュー型ニュートリノ、タウ型ニュートリノ。この違いをフレーバーといいます。レプトン人の中で電荷をもっているのが電子とミューオンとタウ、電荷をもっていないのがこの三つのニュートリノです。電子やミューオン、タウが生まれるとき、一緒にニュートリノも生まれます。電子と一緒に生まれるのが電子型、ミューオンと一緒に生まれるのがミュー型、というぐあいです。

フォトン(光子)は電磁力を伝える素粒子です。

注)リアルワールドのニュートリノ振動は、ニュートリノの心が振動することではありません。ニュートリノが飛んでいるうちに、フレーバーが変化することです。ミュー型が電子型になったり、またもどってきたりします。この現象が証明され、ニュートリノに質量があることがわかりました。

ページ31-35へつづく

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中